ニットと柄、小物の特徴

冬ファッションの定番といえばニットです。ボルドーやブラウンを選ぶと秋からずっと着ることができます。ピンクやブルーなどのパステルカラーは、より冬らしい色です。ドロップショルダーのニットなら、なで肩のような女性らしいラインがでます。また、オーバーサイズのニットも華奢な感じを醸し出してくれます。逆に、ニットワンピースなどのピッタリしたものを選ぶとセクシーさをアピールできます。タートルネックやハイネックには小顔効果があります。冬の定番の柄は、タータンチェックやノルディック柄です。どちらの柄もマフラーなどの小物として取り入れるとコーディネートが決まります。女の子らしさを演出できるファーがついている服が多いのも、冬のレディースファッションの特徴です。

コートの種類による特徴

チェスターコートは、正式名称を「チェスターフィールドコート」といいます。前を開けて羽織るのが基本で、丈が長いので温かく脚長効果もあります。Pコートはネイビーが定番で、どんなコーディネートにも合いやすいので初心者にも取り入れやすく、上級者ならコーディネートの幅を広げることができます。ノーカラーコートはすっきりした印象を与えることができるコートで、特にマフラーやストールなどで首元のおしゃれがしやすく、エレガントに仕上がります。トレンチコートはレインコートの一種です。スーツの上に着るイメージなので、適度に気崩すとカジュアルに着こなせます。リボンは、前を開けて後ろで結ぶことも、ボタンを留めて前で結ぶこともできます。